爪のお話:解剖学

 

爪の構造

爪は発生学的に表皮や毛と同様の、角化性の上皮組織になります。専門書により構成のくくりは様々ですが、正常な爪の基本構成は、爪母(そうぼ)、爪甲(そうこう)、爪床(そうしょう)、爪郭からなります。

 

【爪母(そうぼ)】:ネイルマトリックス(Nail Matrix):爪母は爪甲のケラチノサイトの発生母地となり、この部位で分化増殖した細胞が遠位へ伸長して角化することにより爪甲が形成されます。
ただし、爪甲のうち腹爪に関しては、爪床から形成されると考えられています。この爪母の部分には神経、リンパ腺、血管が通っており、爪母細胞に栄養分を供給しています。ちなみに爪半月の薄い色が爪母の本当の色を映し出しています。全身性疾患や栄養状態が悪いと、爪母細胞に成長障害がおこり、爪甲に溝などができます。また、肥厚爪など、爪の厚薄に対してもこの爪母の奥行きの変化により変わっていきます。

 

 

【爪甲(そうこう)】:ネイルプレート(Nail Plate): 爪甲はほぼ四角形の角質板で、指趾端の背面に存在します。
背爪・中間爪・腹爪の 3層からなる硬い構造物で、近位部では皮内に陥入しており、近位後爪郭(Proximal Nail Fold)で覆われています。この部位に爪母(Nail Matrix)があり、ここで細胞増え、角化することで爪甲が作られ、先端へと伸びていきます。爪甲の根元には乳白色の爪半月がみられますが、この部位での角化が不十分であることが分かります。爪甲は、爪を構成するものの中で一番大きく目立つ部位です。そこに異常が見られると、どうしても気になってしまいますよね。単純にマニキュアなどでカバーするのではなく、『なぜそうなってしまったのか』、をきちんと原因から治していくことが大切です。

 

【爪床(そうしょう)】:ネイルベッド(Nail Bed):爪床は表皮と同様の組織ですが顆粒層がなく、角化して爪甲と密着しています。ここではたくさんの血管や神経が通っており、爪甲を爪床に沿って成長させています。爪や健康状態に問題がなければ、この爪甲の色はピンク色にみえるでしょう。

 

 

【後爪郭(こうそうかく)】:ネイルフォルド(Nail Fold): 爪郭は、爪甲の両側縁と爪根を覆う正常な皮膚のヒダで、側爪郭(Lateral Nail Fold)と近位後爪郭からなります。

 

 

【爪溝(そうこう)】:ネイルグルーブ(Nail Groove):爪甲の両側にある細長い隙間(溝)で、靴下からの微小なゴミや、皮膚垢や汗など、汚れがたまりやすいため、清潔にしていないと臭気を放つうえ、細菌繁殖の温床となります。とはいえ、乱暴に手入れをすれば周辺組織をいためて炎症や細菌感染を引き起こす原因となりますので、注意が必要です。

 

 

【爪根(そうこん)】:爪の根元の総称

 

 

【爪半月(そうはんげつ】:ルヌラ(Lunula):爪甲の基部にみられ、白く見える部分。角化前のため、水分が多く含まれていることと、爪母の表面からの光の反射によってこのように白くみえます。

 

 

【爪上皮(そうじょうひ)】:エポニキューム(Eponychium):爪甲の基部で爪母部分を覆う生きている皮膚です。爪上皮は爪母、爪半月を保護する役割と水分の蒸発を防ぐ働きがあります。爪上皮が硬くなると、ささくれの原因となり、傷口からの細菌感染などから爪周囲炎の原因にもなります。また、爪母への保護力が弱くなるため、爪上皮の保湿などの手入れはとても大切です。キューティクルと混同されることがありますが、分類としては別になります。

 

 

【爪下皮(そうかひ)】:ハイポニキューム(Hyponychium):指先と爪甲の爪先との間にある分厚い皮膚で、細菌などが爪床に感染するのを防ぐ役割をします。深爪などをしてしまうと、この部分を損傷することがあるため注意が必要です。

 

 

【キューティクル】:爪甲上に強くつく、死んだ組織です。爪上皮の下側から伸び、爪甲の新たに成長した部分に強くつき、引っ張られると自由に動くようになって爪甲と爪上皮の間を塞ぎます。キューティクルプッシャーで押し上げる際は、このような構造や機能を理解したうえでセルフケアをおこなうことが大切です。

 

 

【爪先(つまさき)】:フリーエッジ(Free Edge):爪甲が爪床から離れて白くなる部分です。この爪先には血管や神経、水分や脂肪分もほとんどないため、一般的にこの部分を爪切りします。

 

※図2-2:2013年9月30日発行 はじめよう!フットケア{第3版}P31 爪の構造より転載

 

 

 

 

日頃から手や足の爪の状態を確認することはとても大切です。

不安がある場合は自己判断せず、かかりつけ医・最寄りの皮膚科などを受診してください。

近年増加傾向にある爪や足のトラブルの数々。
中高年のみならず、成長期の子供たちにまで増えています。

足之庵 巻き爪救急センターでは、爪・足・脚のさまざまな症状を改善するためオープンしました。

神奈川県横浜市港北区菊名にある足之庵 巻き爪救急センターは、東海道新幹線は新横浜駅からJR横浜線で隣駅、または東急東横線の菊名駅から徒歩7分の場所にあります。

いま現在、横浜市/港北区/菊名駅/新横浜駅/JR横浜線/東急東横線/東海道新幹線のエリアで、巻き爪や爪水虫、O脚や足のむくみの治療を受けている方、または検討中の方、足に不安のない日常を目指して二人三脚でがんばりましょう。

2015年10月25日 | カテゴリー : ネイルケアのお話 | 投稿者 : 新横浜 足と爪の痛みセンター (旧巻き爪救急センター)

爪のお話:爪のトラブル

  • 深爪 ~ 爪を切り過ぎて指先の皮膚が見えている状態で、陥入爪や巻き爪、感染症の原因になります。
  • 巻き爪 ~ 足の親指に多い症状で、爪の両端が内側に巻き付いて内側に入り込みます。サイズが合わない靴や深爪などの原因が多いようです。両足の親指の爪が巻き爪の場合、遺伝性の可能性があります。詳しくは【巻き爪矯正】ページをご覧ください。
  • 陥入爪  爪先の角が指に刺さって炎症や痛み、時に出血などがみられる症状で、巻き爪を併発している場合が多くあります。
  • 二枚爪  栄養不足や水分不足などで爪が乾燥し、爪の表面の層がはがれてくる状態です。爪は三層から構成されます。そのうち一番上のエナメル層がはがれてしまうことがあります。主な原因としては乾燥や外部からの衝撃が多いです。その他にリムーバーの使い過ぎや、水仕事、冷え性の人にもよくみられます。
  • 爪肥厚  肥厚爪とも呼び、爪白癬の状態と非常に似ているため見分けが難しい症状の一つです。菌による爪の分解が見られないため、それを指標とします。長期間に渡って何らかの物理的刺激や圧迫が加わることで起こり、手よりも足の爪にしばしば見られます。肥厚が進むと爪が割れやすくなったり、厚くなった爪の中が空洞になったり、剥がれやすくなります。爪水虫とよく間違われますので注意が必要です。詳しくは【爪水虫改善】ページをご覧ください。
  • 爪水虫  白癬菌(カビの一種)が原因の爪の水虫です。爪が白や黄色に濁ります。爪肥厚とよく間違われますので注意が必要です。詳しくは【爪水虫改善】ページをご覧ください。
  • 爪甲脱落症  爪が指から浮いて、爪の全部または一部がはがれる症状です。外傷や薬品、疾患などの原因が考えられます。
  • 爪甲剥離症  爪が指先から中央あたりまで浮いてくる症状で、爪が黄色や白色になります。外傷やカンジタ、白癬菌や化学薬品などの原因が考えられます。
  • 爪甲縦裂症  爪に縦の亀裂が入り、中央で爪が割れる症状です。後爪郭(爪の基部)の炎症が原因であることが多く、リムーバーの使い過ぎや乾燥などの原因も考えられます。
  • 爪鉤湾症  爪が分厚くなり、爪が伸びるにつれ指先を覆うように内側に曲がる症状です。
  • 爪甲萎縮症  爪の表面に凹凸が出て、爪が小さく萎縮する症状です。遺伝的な場合や感染症、皮膚炎などの原因が考えられます。
  • 卵殻爪  爪が薄くなって、爪が伸びるにつれ指先を覆うように内側に曲がる症状です。遺伝や疾患、極端な栄養不足などの原因が考えられます。
  • 爪周囲炎  爪の周囲に菌が入って炎症を起こし、赤く腫れたり、膿みが溜まったりしますので病院を受診しましょう。
  • ハーフムーンが小さい  ハーフムーン(爪半月)は水分を多く含む部分で、健康とは関係がありません。大きさには個人差があり、遺伝や年齢などが関係しています。
  • 白い点 ~ 爪甲白斑(そうこうはくはん)と呼ばれるもので、遺伝によるものが多く爪に白い点が現れます。外傷や空気が入るなどして、浮き出てきます。爪が伸びると点の位置も動いて、やがて消えていくことが多いです。
  • 甘皮が爪の上を覆う ~ オーバーグローンキューティクルと呼ばれ、足の小指に多い症状で、爪をキューティクル(甘皮)が覆ってしまいます。丁寧にキューティクル(甘皮)をケアしましょう。爪の代わりにキューティクル(甘皮)が伸びている場合は、翼状爪膜(よくじょうそうまく)と呼ばれ取り除くことができません。病院を受診しましょう。
  • 爪の下に出血がある ~ 爪下出血(そうかしゅっけつ)と呼ばれるもので、外傷が原因で爪の下に血栓ができた状態です。時間が経てば、やがて消えていfくことが多いです。
  • さかむけや、ささくれがある ~ 爪の周りの皮膚が裂けてしまう症状です。キューティクルオイルでケアすると予防できます。ひどくなると細菌感染する可能性もありますので、注意は必要です。
  • 爪上皮出血 ~ 膠原病(全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、強皮症など)では爪上皮に出血点がみられることがあります。微小血管の血管炎が機序として考えられており、全身性血管炎の原因になる可能性もありますので、病院を受診しましょう。

 

巻き爪の痛みや、爪水虫など、爪の状態が気になる。

そんな時は、横浜市港北区菊名、東急東横線、JR横浜線菊名駅から徒歩約7分の
足之庵 巻き爪救急センターまでお気軽にご相談ください。

2015年10月13日 | カテゴリー : ネイルケアのお話 | 投稿者 : 新横浜 足と爪の痛みセンター (旧巻き爪救急センター)

爪のお話:形による分類

【爪に横スジ/横溝がある】:爪甲横溝(そうこうおうこう)またはボー線/ボーズライン(Beau’s lines)と呼びます。横スジは、大きな病気をした時や交通事故、高熱、栄養不良の時に出る場合が多いようです。女性では月経周期で、このボー線がたくさんできる人もいます。物理的刺激や炎症などが原因のこともあります。爪母基床(マトリックスベッド)が一時的に爪の成長が著しく低下し、そして再度正常に戻るとこの横スジがみられます。この横スジの幅で、その成長力の低下期間がわかります。

 

 

【爪に縦スジ/縦溝がある】:爪甲縦溝(そうこうじゅうこう)とも呼びます。原因に遺伝、爪母基床(マトリックスベッド)の傷、循環器系の異常、そして加齢(老化)によくみられますが、睡眠不足や過労そして過大なストレスによってもみられます。キューティクルオイル等で乾燥を防ぐと、改善される場合もあります。

 

 

【爪縦裂症】:オニコレクシス(Onychorrhexis)とも呼び、爪甲に何本ものスジが縦に入り、それが裂けたりもろくなっている爪のことです。表面上は凸凹しています。遺伝的な要因以外では、爪母基床(マトリックスベッド)の損傷や、各リムーバーの過使用、強い洗剤や雑なファイル処置など、外的な刺激に影響されることが多いです。このような爪には、品質が良く浸透性の高いネイルオイルで1日2回くらいの手入れをすると良いでしょう。

 

 

【スプーン爪】:匙(サジ)状爪とも呼ばれ、体内の鉄分が足りなくヘモグロビンを作れなくなる鉄欠乏性貧血が原因で、爪がスプーンのように反ってしまう状態。真ん中がへこんだ形で、貧血や甲状腺異常などの病気の可能性があります。また、加重のかかる職業性として生じるものもあります。重症だと子宮筋腫や子宮内膜症の可能性も。

 

 

【ばち状爪】:ヒポクラテス爪とも呼ばれ、爪と指先がたいこのばちのように大きく膨らんでいきます。肺や肝臓、心臓などに病気がある可能性があります。

 

 

【陥入爪】:足の親指によくみられます。爪の両側縁が内側へと巻いていき、皮膚に食い込んで強い痛みを伴います。また、炎症部位での肉芽形成や爪甲周囲炎を併発していることもあります。主な原因は誤った爪切り方法やあ、靴による圧迫などが言われています。

 

 

この他にも爪の変形などはたくさんあります。

爪の変形は美容的側面からも手入れが必要です。マニキュアやジェルネイルで隠すように覆うだけでは解決にはなりません。

医学的な異常がない場合には、爪甲の手入れでずいぶんと変わります。

爪の色のみならず、形からもさまざまなことが推察できます。

日頃から手や足の爪の状態を確認することはとても大切です。

不安がある場合は自己判断せず、かかりつけ医・最寄りの皮膚科などを受診してください。

近年増加傾向にある爪や足のトラブルの数々。
中高年のみならず、成長期の子供たちにまで増えています。

足之庵 巻き爪救急センターでは、爪・足・脚のさまざまな症状を改善するためオープンしました。

神奈川県横浜市港北区菊名にある足之庵 巻き爪救急センターは、東海道新幹線は新横浜駅からJR横浜線で隣駅、または東急東横線の菊名駅から徒歩7分の場所にあります。

いま現在、横浜市/港北区/菊名駅/新横浜駅/JR横浜線/東急東横線/東海道新幹線のエリアで、巻き爪や爪水虫、O脚や足のむくみの治療を受けている方、または検討中の方、足に不安のない日常を目指して二人三脚でがんばりましょう。

 

2015年10月13日 | カテゴリー : ネイルケアのお話 | 投稿者 : 新横浜 足と爪の痛みセンター (旧巻き爪救急センター)

爪のお話:色による分類

【黒色】:黒爪症(メラノニキア)では手足の爪が黒くなる病気。これは爪甲の中で黒い帯状のものがみられるケースで、場合によっては爪全体にみられます。この症状はメラニン細胞という色素細胞が爪母基床(マトリックスベッド)内で増殖した場合にみられます。心配のいらないほくろや出血が原因のこともあります。その他に、カンジダや緑膿菌などの感染によるもの、爪甲下出血が吸収された痕のもの、代謝疾患・栄養障害・内分泌異常などの全身性疾患によるものもあります。縦に線条が見られる場合は、悪性黒色腫の可能性もあります。

 

 

【紫暗色】:プールの後に見られるような紫色。貧血などで血行が悪くなると、爪や肌が紫っぽい色に見えることがあります。(チアノーゼも代表的な状態です) 一時的でない場合は、循環器系の病気の可能性もあります。手に痺れがないかも注意してください。また、サッカー、バスケットボール、柔道、レスリングなど、選手同士が激しくぶつかり合うコンタクトスポーツや、爪の上に物が落下してしまったような外傷、靴による慢性的な圧迫、爪甲下や爪甲内の出血、血液透析だと線条にみられます。

 

 

【赤黒色】:肝臓病、肝硬変、ホルモン異常などの可能性があります。

 

 

【赤色】:爪が真っ赤な場合は、脳血栓、多血症や赤血球異常、心筋梗塞などの心疾患の可能性があります。

 

 

【黄色】:皮膚糸状菌(水虫)、カンジダ、甲状腺疾患、呼吸器系の病気の可能性があります。その他には薬剤、喫煙、糖尿病、心不全、高ビリルビン血症などがある場合は爪甲全体にみられます。

 

 

【緑色】:いわゆるグリーンネイル。カビなどの真菌や細菌感染(緑膿菌など)の可能性があります。

 

 

【白色】:爪の水虫(爪白癬)の可能性が高いですが、他の皮膚疾患や貧血、肝硬変、糖尿病、腎障害などの病気が隠れている場合もあります。その他に、マニキュアやジェルネイルなどの化学的刺激、爪甲剥離症の可能性もあります。

 

 

【おまけ】:東洋医学の五行色体表における『爪』をみると、関連するキーワードに『肝・胆・酸』などがあります。

 

 

爪の色からでも、上記のようにさまざまなことが推察されます。

日頃から手や足の爪の状態を確認することはとても大切です。

不安がある場合は自己判断せず、かかりつけ医・最寄りの皮膚科などを受診してください。

近年増加傾向にある爪や足のトラブルの数々。
中高年のみならず、成長期の子供たちにまで増えています。

足之庵 巻き爪救急センターでは、爪・足・脚のさまざまな症状を改善するためオープンしました。

神奈川県横浜市港北区菊名にある足之庵 巻き爪救急センターは、東海道新幹線は新横浜駅からJR横浜線で隣駅、または東急東横線の菊名駅から徒歩7分の場所にあります。

いま現在、横浜市/港北区/菊名駅/新横浜駅/JR横浜線/東急東横線/東海道新幹線のエリアで、巻き爪や爪水虫、O脚や足のむくみの治療を受けている方、または検討中の方、足に不安のない日常を目指して二人三脚でがんばりましょう。

 

2015年10月13日 | カテゴリー : ネイルケアのお話 | 投稿者 : 新横浜 足と爪の痛みセンター (旧巻き爪救急センター)